中小企業・ベンチャー・個人事業主向け
集金代行サービス

03-3663-8099

受付時間:平日10:00~18:00 (土日祝年末年始除く)

ネットお申込み
電話する ネットお申込み 資料請求お問合せ

ホムコムネット 集金代行サービス「お役立ちBLOG」

お得なキャンペーン情報や、集金・収納サービスのお役立ち情報をご紹介

憧れのひと

今も昔も憧れのひと

こんにちは! ブログ担当のKです。なんか急に暖かくなった気がしますが、意外と事務所内は冷え込んでいるので、まだしばらくはホットコーヒーの出番があるようです。というか、こないだネスカフェアンバサダーで山ほどホットコーヒー用の粉を注文してしまったので、否が応でもホットコーヒーを飲まなくてはなのですが…。

さて。先週末ふらっとスカイツリーにあるソラマチに行った際、シルバニアファミリー展が開催されていました! これ、小学校の時チョーーーーーーーハマったんですよね!? リカちゃん人形やバービーには目もくれず、ひたすらこのシルバニアファミリーで遊んでいました。私が子どもの頃ですから、もうかなり昔のことになりますので、今ほどオシャレでハイソではなく、どっちかというと動物そのままのキャラクターに服着せてるだけって感じでしたが、それでも当時の子どものオモチャとは一線を画した画期的なコンセプトでした。

子どものオモチャと侮ることなかれ!!

なぜなら人形はもちろんのこと、ドールハウスや家具、食べ物までものすごく精巧に作られているんです!! 洋服のボタンもちゃんと縫い付けてあるし、イスやテーブルも猫脚に作られていたりと、まぁ凝っているんです。特に乙女心をくすぐったのが、洋風の家具たち。シルバニアファミリーの新シリーズが発売されるようになった頃には、社宅住まいの私にはとうてい見たこともない暖炉やシャンデリアなんてものが販売されるようになったのですが、これちゃんと灯りがつくんですよ!! 食器も一個一個が陶器で金の縁取りがしてあって、どれもがキラキラしていました。急須しか触ったことのない子どもには、ティーポットとティーカップセット、それからスコーンという未知の食べ物に出会い、お年玉とお小遣いを貯めてはパーツを買い揃えていました。

シルバニア村からの卒業。少女から大人へ…

そんなハマりにハマったシルバニアファミリーですが、別れは突然やってきました。私の父親は仕事の都合柄転勤が多かったのですが、何回目かの転勤が決まり家族全員で引越しをすることになった時のことです。私は不覚にも、自分の命よりも大切にしていたシルバニアファミリーの荷造りを母に頼んでしまいました。なぜなら、その日は友達とお金を出し合って一緒に最新号の”りぼん(少女のバイブル)”を買いに行こうと約束をしていて、前月号でハラハラドキドキ展開で終わっていた「ハンサムな彼女」の続きを読むことに気がせいていたからです。

夕方遅くまで友達とりぼんを読んで、コメンテーターばりの書評を交わしてから家に帰ってみると、荷造りはすっかり終わって家中ダンボールの山に。もちろん、この段階ではなんら母を疑いもしていなかったのですが、その数日後に悲壮な事実が発覚するのです。

そう。母はまさかの私の宝物を、どこぞの知らない母の知り合いの子どもなる人物に、勝手にあげてしまっていたのです!!! 引越し後、荷物を箱から出して片していると、どこを探してもシルバニアファミリーがないので母に尋ねたところ、まるでなんでもない事のように「あー、あげちゃった」と言い放たれました。この時のショックは、まもなく更年期になる歳になっても忘れません。本当にショックでショックで、ただただその場に立ち尽くすことしかできなかった私に、母はさらなる衝撃発言をしました。

「あんなオモチャより、もっとイイものもらって来たから!」

そう言って、母が一つだけ封の空いていなかったダンボールから取り出してきたのは、小学館発行の「学習まんが全集」。しかも、読み古された感満載の日焼けした表紙たち。野口英世やナイチンゲール、ヘレンケラーなどといった、いかにもな教材まんがをおしつけられ、感謝しろと言わんばかりのドヤ顔で「ついでに、はだしのゲンも全巻もらってあげたから★」と言われた時は、もう涙もでませんでした。私のお年玉とお小遣いのほとんどを費やして買い揃えたシルバニアファミリーが、図書館に行けばどこにでも置いてある教材まんがと交換されたあげく、良い事してやった感全開の母に向って、なすすべもなく立ち尽くした私の心がポッキリと折れてしまったのはいう間でもありません。

その一件以来、私のシルバニアファミリー熱が一気に下がってしまい、気づけば今度はファミコンにのめりこんで行ってしまったせいで、すっかりその存在と情熱を忘れてしまっていたのですが、久々にシルバニアファミリーの人形たちに触れて、思わずテンションが上がってしまいました。子どもたちに紛れて、シルバニアファミリーの人形たちと記念撮影をしたり、ショーケースの中のドールハウスにキュンキュンしたり。やっぱり大人になっても、乙女スイッチをガンガン押されてしまいました。たぶん一個でも買ったら際限なく買い集め始めてしまうので、心を鬼にしてその場を去りましたが、もし私がジャンボ宝くじに高額当選したら、速効で大人買いすると思います!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

導入前のご相談から、 導入後のサポートまで。
専任担当者がメールとお電話でご対応します!

03-3663-8099 受付時間:平日9:00~17:00 (土日祝年末年始除く) 03-3663-8099 受付時間:平日9:00~17:00 (土日祝年末年始除く)
ネットお申込み 資料請求・お問合せ