中小企業・ベンチャー・個人事業主向け
集金代行サービス

03-3663-8099

受付時間:平日10:00~18:00 (土日祝年末年始除く)

ネットお申込み
電話する ネットお申込み 資料請求お問合せ

ホムコムネット 集金代行サービス「お役立ちBLOG」

お得なキャンペーン情報や、集金・収納サービスのお役立ち情報をご紹介

図書館小戦争

図書館小戦争

こんにちは! ブログ担当のKです。今日はあいにくの曇りですが、せっかくの金曜日なのでSuper Friday(softbank)を堪能すべく、ちょっと隣駅まで足を延ばしてサーティーワンにアイスをもらいに行ってこようと思います。

さて。先日、かなり久しぶりに図書館で利用者登録をしてきました。もう、図書館を利用するのなんて小学生ぶりですから、何十年振りなんだろう??というほど久方ぶりです。私の住んでいる地域には大きな図書館があり、建物も歴史を感じる立派な図書館です。図書館があるのは以前から知っていたのですが、特段利用する機会がなくこの街に越してからの6年間、一度も訪れずじまいになっておりました。

そんなある日、ワケあってある本を探していると、10年前に販売されたとあって、本屋さんにも版元にも在庫がないと言われてしまいました。「手に入らない」と分かると俄然欲しくなるのが人ってもんですよね。こうなったら、困った時のヤフオクとブックオフ。夜中までスマホにかじりつきながら、あの手この手で探したもののやっぱり見つからない…。もうダメか、と諦めかけた時、ふと図書館の存在を思い出しました。一縷の望みをかけて図書館に行くことを決め、開館時間を調べるためさっそくスマホで検索してみると「平日9:00~20:00」とのこと。結構遅くまで開いていることにびっくり! これなら仕事帰りの人も利用出来て便利ですよね。そして、もうひとつ新たな発見が。今ってHPから蔵書検索が出来るんです! 普段から利用している方にとっては「何を今さら」と思われるかもしれませんが、なんてったって何十年かぶりに利用するもんですから、サービスの進歩に驚愕です。最後に利用したであろう小学6年生の夏の記憶では、HPもなければ検索端末すらなかったです。見つからなければ、眠そうにしている図書館のオバちゃんに声をかけて、一緒に探してもらうしかなかったんですよ。そして、だいたいの場合オバちゃんも「どこ行っちゃったんだろうねぇ~」なんてのんきな事言って、結局見つからず諦めることがほとんどでしたから、HPの検索機能を知った時は、ITの進歩に心底感嘆してしまいました。

さっそく、「著者名」「作品名」などを打ち込んで調べてみると、あった! あったんですよ!! 見つかりましたーーー! 知らなかったんですが、私が探していた本は、続巻が発刊されていたようで、続巻も全て所蔵されていました。色々探し回ったあげく、もうダメかと諦めていたので、見つかった時の嬉しさは倍増です。深夜の暗がりの中、スマホの明りに照らし出された不気味なニヤニヤ顔。他人が見たら、かなりホラーだったことだと思います。

さて。そうと分かればさっそく利用者登録をせねば、ということで翌日図書館へ。利用者登録の用紙に必要事項を記入して窓口に持っていくと、さっそく貸出カードを発行してくれました!

貸出カードは粋な名所江戸百景

江東区図書館の貸出カードは、安藤広重の名所江戸百景「小奈木川五本まつ」が描かれています。 ちょっといいでしょ!? 貸出カードを発行してもらう際、窓口のお姉さんが丁寧に使い方を教えてくれたのですが、なんとHPから貸出予約が出来るとのこと!? えーーー超便利!! しかも、区内にある別の図書館に所蔵されている本もネットで簡単に取り寄せ依頼が出来て、もう至れり尽くせりです。もっと早く知ってれば良かったです。

というワケで、ようやく探し当てた本が借りれることが分かったのに気を良くし、せっかく久しぶりに図書館に来たのでプラプラ図書館の中を散策してから帰ることにしました。CDやDVDのコーナーが充実していることにも驚きましたが、一番驚いたのが絵本のコーナーです。英語や中国語など、色んな国の絵本がおいてあるほか、判型もポケットサイズから大判のものまでそろっていて、大人が見ても楽しめるものが勢ぞろい。元々絵本は、子ども向けに色使いが鮮やかでキレイなので、見ていて飽きませんよね。昔読んだことあるな~と懐かしい気持ちで何気なく手にとった「しろくまちゃんのほっとけーき」を、キッズコーナーのソファに腰かえて眺めていると、いつの間にか私の隣に見知らぬ女の子が座って、手元の絵本を覗き込んできました。

この絵本を読みたかったのかな?と思い「はい、どうぞ」と手渡すと、「読んで!」と予想外のリクエストが。えっと…と少しためらっていると「早く読んで」と追い打ちをかけるように催促があり、見知らぬ子ども相手にまさかの朗読をすることに。一応、読み聞かせをしても大丈夫な場所になっているという張り紙を確認してから控えめに読み始めると、「わぁ」とか「おいしそう」などと嬉しそうにしてくれるので、調子ノリの私は気を良くして本を読んでいました。

「はい、おしまい」と、絵本を読み終えるとまさかの2冊目リクエスト。まぁいっか、と2冊目の「三びきのやぎのがらがらどん」を朗読。すると今度は「だるまちゃんとてんぐちゃん」を手に3冊目のリクエストが。これで最後ね、と声をかけて絵本を読み始めるといつの間にか子どもがひとり、またひとりと私たちのまわりに子どもが増えて、気づけばちょっとした朗読会になっていました。最終的に10人ほどの子どもに囲まれ、引くに引けない状況になり結局10冊くらい絵本の読み聞かせをすることになったわけですが、何が困ったって朗読会の後に今度は隣接されている公園につれていかれ、急きょ鬼ごっこに参戦させられるハメに。自慢じゃないですが、わたくし、ちゃんとオバさんらしくしっかりと運動不足です。なので、鬼ごっこなんて拷問以外の何モノでもありません。ぜぃぜぃ言いながら走り回り、あげく突如としてささいなことから始まる兄弟喧嘩の仲裁もしたりで、大わらわ。後半は、レッドとゴールドというチームに分かれ、なぜか陣地取りゲームに。子どもたちの決めた謎のルール「相手チームの子どもに小石を手渡されたらゲームオーバー」に従いながら、小一時間足をもつれさせながら走り回りました。

のん気に図書館へ訪れた日曜の朝でしたが、まさかこんな小戦争に巻き込まれるハメになるとは…。えっと、私図書館に何しに来たんだっけか。そんなことも分からなくなるほど、疲れ果てて図書館を後にしました。

その数日後、取り寄せしていた本が届いたとの連絡が図書館からあり、ようやく本懐を遂げることが出来たのですが、子どものいない閉館間際の時間を狙って図書館を訪れたのは言うまでもありません。

もし図書館なんて何年も利用していないなぁ~という方がいらしたら、久しぶりに図書館に行ってみて下さい! きっと想像している以上に便利で新しい発見が出来ると思うので、オススメですよ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

導入前のご相談から、 導入後のサポートまで。
専任担当者がメールとお電話でご対応します!

03-3663-8099 受付時間:平日9:00~17:00 (土日祝年末年始除く) 03-3663-8099 受付時間:平日9:00~17:00 (土日祝年末年始除く)
ネットお申込み 資料請求・お問合せ