中小企業・ベンチャー・個人事業主向け
集金代行サービス

03-3663-8099

受付時間:平日10:00~18:00 (土日祝年末年始除く)

ネットお申込み
電話する ネットお申込み 資料請求お問合せ

ホムコムネット 集金代行サービス「お役立ちBLOG」

お得なキャンペーン情報や、集金・収納サービスのお役立ち情報をご紹介

老いも若きも祭りだワッショイ!

老いも若きも祭りだワッショイ!

こんにちは! ブログ担当のKです。GWが終わり一週間が経とうというのに、まだまだ心も身体も休みモードから回復しません。大学生の時なんて、休みが多すぎて早く学校始まらないかなぁ~、なんてことを思ったりしていましたが、なんでもっと休みの有難みを噛みしめながら過ごさなかったのだろうと、猛省です。タイムマシーンで大学生の自分に会いにいけたら、間違いなく「200%のフルパワーで休みを満喫しろ!」と諭したいです。

さて。現在わたくしの会社の近所一帯は『祭り一色』に染まっております。なぜなら神田明神で開催される【神田祭】が、昨日から始まったからです!! このお祭りは「江戸三大祭」や「日本三大祭り」に数えられるとても有名なお祭りで、例年この時期になると氏子町界隈はとても賑やかになります。あちこちに提灯が飾られていて、見ているだけで思わずワクワクしてきます。祭り二日目の今日は「氏子町会神輿神霊入れ」が執り行われるとあって、お神輿の詰所からお囃子が聞こえてきます。ねじり鉢巻きに法被姿で、すでにお昼から顔を真っ赤にしながらお酒をガブガブ飲んでいる人もいました。中にはテラテラと黒光りしている日焼けした肌に、真っ白のふんどしを締めて超気合が入っている方も見かけました。もう全身テッカテカのくっろぐろ!? 【THE漢】といった感じなのですが、頭もお尻もテカテカ具合がハンパないので、ちょっと笑えます。なんていうのかなぁ~、ロバート秋山感が強いというか(笑) いずれにしても、町全体が祭り気分で盛り上がっています。

    

老いも若きも宮司もオタクも

この神田祭、大変歴史があるお祭りで由緒正しい行事ではあるのですが神田という場所柄、秋葉原が近いとあって、しっかりとニューカルチャーとも融合しています。まず祭りのポスターからして、超イマドキ。

(神田祭公式HPより)

すっぽりとオタクカルチャーを取り込んでいます。(ノーマルなポスターもあります)。祭りとなればそこは同じ日本人。お祭りを楽しむのに老いも若きも宮司もオタクも関係ありません! 普段はインドア気味のオタクが神輿だって担いじゃうし、毎日神職のお勤めに励んでいる宮司の方々もここぞとばかりにパリピになります。そんなワケですから、おばさんの私だってお祭り気分で気持ちがソワソワしちゃいます。

やっぱりお祭りと言えば、お神輿もいいですが”縁日”に心が躍りますよね~。いくつになってもずらーっと立ち並ぶ屋台の道を歩くと、それだけでワクワクします。定番はやはり焼きそばにたこ焼き、ジャガバター。チョコバナナにわたあめも昔から人気ありますよね。でも最近の屋台は結構進化してるので、リンゴ飴ならぬイチゴ飴があったり、鈴カステラからワッフルに代替わりしていたりと、とにかく見ているだけでも楽しめます。そういえば、ここ数年あちこち近所の夏祭りに顔を出しているのですが”かちわり氷”を見かけなくなったなぁ~。あ、平成生まれの人は知ってますか?? 昭和世代には見慣れた飲み物ですが、一見すると色水みたいでぎょっとします。中身は単純にかき氷のシロッブを水で割っただけの代物ですが、原色の見た目がお祭りのイメージに合っています。大して美味しいモノでもないのですが、子供のころはとても好きでした。

屋台の話を書いていたら、よだれが出てきちゃいました。これはいかん。今すぐ銀行に行って小銭をたくさん用意して来ねば。100円玉をお財布いっぱいに入れて、アフター5は屋台で食い倒れするぞー!!

神田祭は5月17日まで開催されています。みなさんも是非小銭をたっぷり用意して、週末は神田明神まで足を運んでみて下さい!

関連:

神田祭公式HPはコチラから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

導入前のご相談から、 導入後のサポートまで。
専任担当者がメールとお電話でご対応します!

03-3663-8099 受付時間:平日9:00~17:00 (土日祝年末年始除く) 03-3663-8099 受付時間:平日9:00~17:00 (土日祝年末年始除く)
ネットお申込み 資料請求・お問合せ