中小企業・ベンチャー・個人事業主向け
集金代行サービス

03-3663-8099

受付時間:平日10:00~18:00 (土日祝年末年始除く)

ネットお申込み
電話する ネットお申込み 資料請求お問合せ

ホムコムネット 集金代行サービス「お役立ちBLOG」

お得なキャンペーン情報や、集金・収納サービスのお役立ち情報をご紹介

業種別導入例とお客様の声【ヨガスクールにおける導入事例】

人気のヨガスクール。
受講参加回数によって請求金額は
お客さんごとにバラバラ。
複雑化した請求管理もアイデアひとつで簡単に!

今回は、ヨガスクールのトレーナー様の事例をご紹介します。
ホムコムネットの「コンビニ収納サービス」は、スポーツジムにも多くご導入頂いています。導入の理由はジムによって異なりますが、今回はコンビニ収納サービスを
上手に活用してスクール運営を行っているケースをご紹介。

都内でヨガスタジオを運営されているKさん。生徒数10名から始めたスクールも、今では75名まで増え、ヨガ単体のスクールでは割と大規模なスクールになるそうです。
Kさんは、スクールを始めた当初は毎月のレッスン参加は4回、レッスン料も月額6000円と固定にしていたため、10名の生徒から月末に翌月分の月謝を口座に振り込んでもうらう、という方法で回収をしていたそうです。しかし、徐々に生徒数が増えたことによりレッスンの内容や開催日を生徒のリクエストに応じて多様化させてきたため、生徒によって参加回数やレッスン料もバラバラに。生徒数が30名を超えた頃にはレッスンの申し込みの管理がKさんひとりではできなくなったため、予約システムの導入と事務員2名の採用を決めたそうです。

その後、予約システムにより生徒のレッスン予約を管理することは出来るようになったそうですが、参加回数やレッスン料が異なること、また予約変更などが発生する場合もあり、70名それぞれ異なるレッスン料の請求を管理することが追い付かず、たびたび請求間違いをしては生徒との間で問題が生じていたそうです。

どうにか生徒ごとにバラバラな月のレッスン料を管理できないものかと、請求管理に頭を悩ませていたKさんは、お友達からご紹介を受けたということでホムコムネットにご相談をいただきました。

  • 予約がとれれば、レッスンの参加回数に上限はない
  • レッスン内容によって、レッスン料が異なる(スタンダードヨガ:1500円 ホットヨガ:2400円 マタニティヨガ:2000円)

上記のように、生徒のニーズに合わせてサービスを多様化させたことと、生徒数が70名を超える人数に増加したことが原因となり、請求管理が複雑化したという状況をお伺いし、ホムコムネットより「コンビニ収納サービス」をご提案しました。

発想の転換で、請求・回収の悩みを一発解消!!       コンビニ払込票の半券(領収書兼お客様控え)をレッスン参加のチケット代わりに!

コンビニ収納サービスで使用されるコンビニ払込票がどのようなものかご存知でしょうか。↓↓↓こちらがコンビニ払込票です。

コンビニ払込票見本(三連タイプ)

一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。よくご覧いただくと分かるように、コンビニ払込票は3つのパーツで構成されています。

①業者控え ②コンビニエンス側控え ③領収書兼お客様控え

①~③のパーツは、それぞれ切り離せるようにミシン目がついているので、コンビニのレジで代金を支払ったあとには、必ず支払った店舗の領収印が押された「③領収書兼お客様控え」が返されます。これを利用することで、半券(領収書兼お客様控え)をサービスを受けるためのチケットとして活用することが出来るのです!

これを応用して、Kさんのヨガスタジオでは予め生徒に聞いた参加希望コースをもとに、そのコースのレッスン1回分ごとのコンビニ払込票をまとめて9回分発行して生徒さんに配布したそうです。

生徒Aさんの場合…毎月、スタンダードヨガとホットヨガを気分に合わせて選んで参加したい

このような場合には、スタンダードヨガのレッスン料1500円のコンビニ払込票を9枚、ホットヨガのレッスン料2400円のコンビニ払込票を9枚発行して月末に配布します。これを受け取ったAさんは、レッスン参加日までに参加をしたいコースの払込票を使って代金の支払いを行い、当日はレッスン受付の際に領収印の押されたコンビニ払込票の半券(領収書兼お客様控え)をチケットとして提示。あとは60分間たっぷりヨガを楽しんで帰るだけ!

この方法を導入してからというもの、「誰」が「いつ」レッスンに参加して、その「レッスン内容はなんだったのか」を気にしなくてよくなり、月末の請求作業自体が必要なくなりました。また、専用アプリ「コンビニヘルパー」を使用することで、月ごとや、生徒ごとに簡単に回収金額の集計ができるので、月末の経理作業として残ったのはコンビニ払込票の追加発行だけになったそうです。

また、生徒側もチケット制になったことで、レッスン料の支払い方法が銀行振込からコンビニ払いに変更になりましたが、コンビニでの代金支払いは365日24時間いつでも好きな時に近くのコンビニで支払うことが出来るので、銀行振込と比べて支払いの手間が軽減されたと好評だったそうです。幸いなことに、ヨガスタジオがあるビルの1階にはコンビニがあるそうで、多くの生徒がレッスン当日に1階のコンビニに寄ってミネラルウォーターを買うついでにコンビニ払込票を使ってレッスン代金を支払われてから、レッスンの受付にいらっしゃるそうです。

今では、チケットひとつで予約なしでも空いている日にはレッスンに参加できるようになったので、ちょっと空いた時間を利用して参加をされる生徒や、普段とは違うコースを一回だけ体験してみたいということで色んなコースに参加される生徒さんも増えたのだとか。結果、今までは定員が埋まることがなかった平日のレッスンも、気軽にレッスンに参加できるようになったおかげで、ほとんどのレッスンが定員数で開催できているそうです。

また生徒の中には学生もいるそうですが、お小遣いの調整にもひと役買っていると、学生の間でこのチケット制がウケているそうです。何かと出費が不定期に発生する学生の場合には、翌月に支払いが遅れることが返ってピンチになることも。当初は予定していたバイト代でレッスン料を支払えたはずが、急な用事でバイトの勤務日数が減ったり、友達同士の付き合いで予定外の出費が発生することもしばしば。そうなると、翌月にやってくる請求分の支払いがバイト代やお小遣いだけでは足りなくなくなる、なんてことに!! その点、チケット制の場合は今あるお小遣いの中でレッスンの参加回数を調整できるので、これがある学生のSNSの投稿から広まって、学生の生徒数がぐっと増えたそうです。

今回のKさんの場合には、コンビニ収納サービスのちょっと変わった活用方法を導入したこで、複雑化した請求管理の問題を解消することが出来ました。そのきっかけとなったのは、やはり、Kさんが抱えている請求・回収業務の悩みをお電話で専任スタッフが詳しくお伺いできたことだと思います。問題点を絞り込み、それにあった最適な解決方法をスタッフが豊富な経験からご提案差し上げます。今回も、過去に似たケースをホムコムネットの集金・収納サービスで解決した経験とノウハウがあったからこそ、ご提案できたコンビニ収納サービスの活用方法だと考えております。

もし、請求・回収業務に課題を抱えていらっしゃるならば、ぜひ一度ホムコムネットまでご相談ください! 専任のスタッフが集金代行サービスを利用した最適なプランをご提案いたします。

関連:

ホムコムネットのコンビニ収納サービスについて

150件/月未満の集金回収なら、コスパ業界No.1!【コンビニ収納】


「もっと詳しく知りたい!」という方は、コチラを合わせてご覧ください!!

[ホムコムネット 公式ウェブサイト]

「すぐにでも利用してみたい!」という方は、コチラからお申込みください!!

[ホムコムネット サービスの申込みはコチラから]

「直接説明が聞きたい!!」という方は、是非お気軽にお問合せ下さい!

[お問合せ先]

○メールの方はコチラから

○電話の方はコチラから

03-3663-8099(平日9:00-17:00)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

導入前のご相談から、 導入後のサポートまで。
専任担当者がメールとお電話でご対応します!

03-3663-8099 受付時間:平日9:00~17:00 (土日祝年末年始除く) 03-3663-8099 受付時間:平日9:00~17:00 (土日祝年末年始除く)
ネットお申込み 資料請求・お問合せ